がんちゃんの部屋

ganntyann.exblog.jp
ブログトップ

水族館の舞台裏、バックヤードに潜入してきました。

すっかり写真だけのアップでコメントが今になってしまいました。

さて、先週の月曜日は下の子が振替休日だったため、お隣の仲良し同級生と3人で大洗水族館に行って
きました(私は引率者)。
当初、天気が良ければ常陸海浜公園の松林内でディスクゴルフと思っていましたが、残念ながら月曜日で
お休み。
さあ、それでは次の候補は日立駅前シビックセンター内にある科学館&天球劇場か?
特に天球劇場のメガスターⅡは最新鋭のプラネタリウムで、昨年の震災以降に東京お台場にある「未来館」
を更にパワーアップさせた内容でリニューアルOPEN。
私自身は2回目となるはずでしたが、これも月曜から数日間を掛けて実施する映像入替期間でお休みでした。
あーなんてついていないのか? といったことで、最後の希望を託した数年ぶりの大洗水族館となりました。

早速、HPを調べると、水族館の裏側を覗くバックヤード探検ツアーの文字があるではないか?
これは平日の特権を活用しなければ!!

といったところで、休日も平日同様の早起きで、7時過ぎには大洗に向けて出発。
ちなみに、この体験ツアーは1日に3回開催され、1回目は10:40スタートの約50分間。
水族館の女性スタッフ&ボランティアのベテラン女性の計2名が、先着15組に同行し、バックヤードを案内
してくれます。
2回目は水族館の飼育員さんが同行するそうで、より詳しい魚・海獣達の話が聞けるのかもしれません。。。

このツアーの申し込みは、水族館開場時間9:00よりちょっと前の8:35~8:45分に水族館入口前の自動
扉付近で職員からパウチッコした引換券を渡され、開場→入場券購入→受付カウンターで引換券を首下げ
ホルダーに交換→時間前に集合場所へといった手順になります。

ということで、開場後は時間があるので水族館をゆっくり鑑賞して、10:00~のイルカショーを見て、探検ツ
アーとしました。

早速、体験ツアーの紹介ですが、写真の撮影は×でしたので文章での紹介となります。
①水族館の2/3を占めるバックヤード施設の紹介
②大洗水族館最大の水槽(10mの立法体)上部に設置してあるキャットウォーク上を歩いて、下のサメ・エ
  イ・カメなど魚達の遊泳を真近で見学。
 →こちらの水槽の水の重量は1000トン以上で、アクリル製の水槽壁圧は55cmもあるそうです。
③マンボウ水槽での餌付け作業見学
 →飼育員2人が1日に2回実施。魚類をミンチ状にした羊羹状練物をマンボウ1匹毎の体調管理を行いな
  がら口もとまで運んでいる状況が見学できます。
④水族館内に所狭しと並べられている配管・濾過機・ポンプ等の施設見学。
 →水槽毎に水を浄化する濾過機等があり、中に入っている砂を通過させることで不純物を除去・戻すとい
  った循環システムの見学。
⑤イルカショー舞台裏見学
 →イルカ調教師さんによるイルカの種類や鼻・耳などの体部位紹介(イルカとの距離が近く大興奮かな?
   )といった感じで、貴重な体験で待っています。
 

皆さまも出来ればすいている時間を見計らって行ってきてくださいね(ちなみに、土日は大人気で相当早い
時間に並ばない限り難しいようです)。

b0211028_21491158.jpg
b0211028_21494460.jpg
b0211028_21503576.jpg


↓大洗水族館のHPはコチラから↓
http://www.aquaworld-oarai.com/
[PR]
by fftmk759 | 2012-11-19 21:51 | 日々の生活

がんちゃんからの情報発信室


by fftmk759