がんちゃんからの情報発信室


by fftmk759
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フローリングの隙間掃除はこれで如何でしょうか?

1階のフローリング材は国産赤松無節(幅150mm、厚15mm)を使用していますが、冬から春に掛けての乾燥時期は、床材が微妙に動き出します。
ここまでとは思いませんでしたが、写真のように最大で2mm程度の隙間ができ、その隙間にホコリ・チリ・消しゴムのカスなど、結構黒ずんだゴミが
詰まっているのが黒いラインのように確認できます。
昨年は入居して1年目でしたので、特に気にもならず、そうこうしているうちに季節がかわり、湿度の上昇と共に床材が膨張・隙間がほとんど無くなって
確認できなくなりました。
今年は2年目となり、流石に汚れも目立ち始め、なんとかならないかと悩んでいたところ、そういえば掃除機のヘッドを外して隙間に密着させれば、相
当な吸込圧となり隙間のゴミも取れるのでは?と思い、早速試してみました。

予想通り、ヘッドを床材の隙間に完全に密着させ吸引すると、掃除機も負荷が掛かり「キュイ---ン」といったようなすごい音を出しますが、綺麗に
ゴミを取り除くことが出来ました。
以前、毛先の細いホウキなどを使って掻き出していたことを考えると、時間・労力共に削減できるこの方法が断然お勧めです。

無垢材のフローリングをお使いの方は、フローリング材の設置されている室内環境によって、乾燥(木材が縮む)・湿潤(木材が膨張)による木の動きが
ありますのでご注意ください。
ただ、これが自然素材を使用している醍醐味でもあるのです。。。

尚、床暖房や電気蓄熱式暖房機の設置を検討されている方は、特に床材の選定にはご注意ください。
無垢フローリングを使用すると、まれに乾燥が激しく、床材の両端がそり出してくるような場合もありますので。。。それぞれの暖房方式に適用した床材
の選定をお願いします。
ちなみに、我が家はエアコンが唯一1台のみです。

■遠目に見ても床材の突合せ部に隙間が出来ているように感じます。
b0211028_1232162.jpg

■コチラが最大で2mmのフローリング材隙間です。結構開いていますよね。
b0211028_1234090.jpg

■ちょっと怪しいゴミがモジャモジャとたくさん確認できます(黒い物体です)。
b0211028_124063.jpg

■隙間に対して掃除機のヘッド(全てを取り外した状態のヘッド)を直角にたて、吸引モードも【じゅうたん】などの最大モードを使用ください。
b0211028_1241864.jpg

■掃除のあとはとっても綺麗な姿に様変わりです。
b0211028_1242527.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-01-06 12:06 | がんちゃん家づくり