がんちゃんからの情報発信室


by fftmk759
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「NPO環~WA」茨城大学大学院国内実践教育演習

◆茨城大学大学院サスティナビリティ学国内実践教育演習の様子①

【①開会~挨拶~運営メンバーの紹介~作業内容のお知らせ】
・NPO環~WAの平澤代表より挨拶
昨今、里山・畑・くらしの繋がりが切れてしまっていて、この繋がりを戻すための体験型教育をこのフィールドを中心に創出しています。
・大畠フィールドリーダ-より注意点
昨日・今朝方と作業通路確保のため竹林内を刈払機で作業中にスズメバチと遭遇しています。ポイズンリムーバーと10m位まで届く殺虫剤を用意していますので、刺されたら「衛生兵!!」、撃退する時は「バズーカー!!」と叫んで助けを求めてください(笑)。
・西村バンブリーダ-より真面目なお話(苦笑)
西村バンブリーダ-こと森の料理人ニッシーより、学生に向かって刺激注入(笑)!「作業後に振り返りを実施しますが、その時に興味を持ったもの3つを一人ずつ発表してもらいます。自分達は何で今日ここにいるのか?何で竹を切っているのか?どうしてこれをやるんだろうのなぜなぜを自問しながら作業を進めてください!」
確かに社会に出てから特に大切なことですね♪

疑問に思い、立ち止まって確認し、改善することで理解が深化していく。
ニッシーのこの一言で実習に取り組む姿勢も変わりそう!?
どんなきずきがあったかは、こうご期待!
[PR]
by fftmk759 | 2015-09-19 04:05 | 「NPO環~WA」里山環境保全活動