がんちゃんからの情報発信室


by fftmk759
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:いわき応援プロ( 4 )

今日は待ちに待った「コウテイトリオコンサート2」がいわき市平で開催されました。

■旧友との再会
水戸を7時に出発し、まずは8時からいわき市平に住むしげちゃん夫婦と久々の再会。
しげちゃんとは昨年9月のサンマパーティー以来だから約1年ぶり、そして奥さまとはいったいいつ以来...!?
そんな過ぎ去った時間をひとつひとつ埋めていくように、奥さまママを含めた4人で話しが盛り上がりました。
昔は、良く気に入った器を持ち寄って、手造り食事パーティーをやっていましたよね。
旧友との再開は、学生時代~20代まで一気にタイムスリップし、思い出話にも華が咲きました。
あっという間に1時間30分が経過し、時計を見ると9時30分。
次の予定のいわき市小名浜に向かいます。

■始めてのノルディックウォーキングお伝え会(笑)
平(いわき中央IC付近)から小名浜まではバイパスも繋がっているため、約30分程度で到着。
かねてから約束していた、義母・お友達のお二人にノルディックウォーキングのかじりをお伝えさせていただきました。
本当なら、水戸に出てきて、NW水戸西支部K支部長のご指導をいただきたいと考えていたのですが、毎朝散歩しているので早く取り入れたいとの要望があり、ポールの購入~かじりの指導までなんちゃってウォーカーが務めさせていただいちゃいました(笑)。
定例会で実施しているように、軽いウォーミングアップ→歩き方の基本→ポ-ルを持っての歩行→約40分間のNW→クールダウンのストレッチまで、しめて2時間。
始めてのNWとは思えないほど、GOOL真近のこの写真ではスムースな歩き・ポールの扱い方に変わっていました(お友達は最初のうち、恒例の手と足が一緒になる現象で悩んでいましたが...笑)。
坂道のアップダウンが多い歩道を歩いていたので、登り坂では、ノルディックウォーキングの最大の特徴であるポールを押し切って体を前に押し出すといった散歩時には感じられなかった楽な歩行を体感された様子で、私からは併せて上半身のエクセサイズ効果が出ていることもお伝えしました。
次回は、「小名浜三崎公園を歩きましょう!!」とのリクエストもいただきましたので、再訪が楽しみとなってきました。
b0211028_16285.jpg


■続いて、お昼後は「ゼリーの家」でお土産を買い込みました。
 とても綺麗な色合いと、複雑な味わいが人気のお店です。お客さんもいっぱいでした。
b0211028_21511293.jpg

b0211028_21513083.jpg

ガラスプレート:パート・ドゥ・ベール(能登朝奈)

■そして本日のメインイベント。
コウテイトリオコンサート2
いわき市平大町にあるギャラリー【ELICONA:エリコーナ】で16時30分から開演となりました。
陶芸家である「山野邊孝」・ガラス工芸家「能登朝奈」両名が震災以降からあたためてきた企画の第2弾ですが、お客さまは70名程度と会場も静かな期待と熱気に包まれていました。
(がんちゃんの部屋も17名の集客に尽力させていただきました。皆さんありがとう)。
b0211028_1624344.jpg

■山野邊くんから開会挨拶のあと、いよいよ「東京フィルハーモニー交響楽団」のトリオが登場です。
b0211028_1664149.jpg

■左から、フルート奏者の森川道代さん。コントラバス奏者の小笠原茅乃さん。
そして、震災直後の自粛ムードのなかで楽団としての動きがとれないなか、小田原のギャラリーにきていた山野邊孝くんと偶然出会い、自分にも被災地支援が何か出来ないかといったことを交わすなかで、東京フィルの仲間を誘っていわき市での音楽を通した心の応援をすることになったコントラバス奏者の遠藤柊一郎さん。
遠藤さん曰く。
フルートとコントラバス2人による合奏は世界中のどこを探してもないでしょう。
あえて、その難題に挑戦し、原曲をトリオ合奏用に編曲して、この日のために準備をしてきた3人。
b0211028_167467.jpg

■前半・後半と約1時間30分の演奏会となりましたが、本当に感動しました。
小さいホールで演奏者との距離が近いこともあってか、演奏する側も聴く側も緊張が張りつめた真剣勝負で、大ホールで聴くのとは全く違った、魂を揺さぶられる・心が震えたという表現が適当なのかは判りませんが、熱い何かを感じる至福の時となりました。

森川さん、小笠原さん、遠藤さん。こころにしみる演奏をありがとう。
山野邊孝くんからの閉会挨拶にあったように、この熱い・なんとも幸せな気持ちを明日からの生活に繋げていきたいと思います。
(個人的にはアンコール曲目の「花」と、NHK大河で毎週耳にしている「八重の桜」で涙をこらえることが出来なくなりました→やはり水戸に10年程度暮らしていても、根底には福島の血が流れ、演奏者の気迫が心を揺さぶっていくものなんですね。隣にいた山野邊くんはいうまでもなく、目を潤していました...笑)
b0211028_2244676.jpg

■演奏会終了後は、ナントなんとのサプライズ!?
森川さん・小笠原さん・遠藤さんの粋なはからいにより、子供達が1人ずつコントラバスを実際に触れ、遠藤さんに音の出し方を教えていただきました。
これは貴重な体験、そして思い出となりましたね。
ただ、子供達だけでこの大きな、そして180年の歴史があるコントラバスを支えているのは、ちょっと(いやかなり)不安な感じがしましたが...
イヤイヤ、それは遠藤さんが一番ドキドキしていたことでしょう(苦笑)。
b0211028_2041380.jpg
b0211028_20413259.jpg
b0211028_204211.jpg

■小学生3人組み!?ちょっと大丈夫かな。
b0211028_20422728.jpg


森川さん・小笠原さん・遠藤さん。
また、いわきでお逢いしましょうね。
ありがとうございました。
[PR]
by fftmk759 | 2013-09-07 23:52 | いわき応援プロ
イベント情報
 コウテイトリオコンサート 2 
 東京フィルハーモニー交響楽団メンバーによるフルートとコントラバス(高低)の素敵なトリオ
 です。秋の夜長をちょっと素敵に過ごしてみませんか。
 日時:9月7日(土)
 開催場所:ELICONA(いわき市平大町10-3)
 http://elicona.com/top/
 開演時間:16時30分(16時開場)
 料金:1,000円(全席自由)、高校生以下無料(事前のご予約をお願いします)
 プログラム:
    I.アルベニス:タンゴエスパーニャ/F.メンデルスゾーン:無言歌/
    喜納昌吉:花/坂本龍一:八重の桜/
    A.ドヴォルザーク:ルサルカ/A.ジュナン:ヴェニスの謝肉祭/
    A.ピアソラ:タンゴの歴史より ボーデル1900.ナイトクラブ1960/
    W.A.モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス
b0211028_17184267.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-09-07 21:59 | いわき応援プロ
昨日の山野邊くんからの連絡ですと、現時点で参加者41名となりました。
今回の目標人数80名までもう一息ですので、皆さん奮ってご参加ください。
b0211028_1458382.jpg

山野邊くんの灰釉新作です。
[PR]
by fftmk759 | 2013-09-01 14:44 | いわき応援プロ
東京フィルハーモニー交響楽団メンバーによる最高音フルートと最低音コントラバス(高低)による素敵なトリオです。

【小笠原茅乃 コントラバス】
 東京藝術大学卒業、同大学大学院修士課程修了。
 コロラド州アスペン音楽祭に奨学金を得て参加。
 在学中より新星日本交響楽団に入団し、2001年東京フィルハーモニー交響楽団と合併。
 現在、副首席奏者を務めている。
 都立芸術高校にて後進の指導にあたる。

【森川道代 フルート】
 東京音楽大学付属高等学校、パリ国立高等音楽院卒業。
 第4回日本フルートコンベンションコンクールソロ部門第1位及び新潟市長賞受賞。
 1990年より東京フィルハーモニー交響楽団団員。
 2006年より同団副首席奏者を務める。
 これまでにフルートを、梅津正好,斉藤賀雄,故アラン・マリオン,レイモン・ギオーの各氏に師
 事。
 室内楽をクリスチャン・ラルデ氏に師事。

【遠藤柊一郎 コントラバス】
 玉川大学文学部卒業。
 1996年東京藝術大学卒業と同時に東京フィルハーモニー交響楽団に入団。
 これまでにコントラバスを本間園子,故江口朝彦,ツォルト・ティバイの各氏に師事。
 オーケストラの活動の他に、全国(銀座・小田原・奈良・倉敷など)のギャラリーやアートスペー
 スにて独奏会を度々行う。
 室内楽奏者としては、ピアニストの伊藤恵,花房晴美,フジコ・ヘミング各女史らと共演。
 仲間と結成したユニット[音楽のちから]では北は富良野、南は与論島まで、演奏会場に足を
 運ぶのが困難な方々へ音楽を届けている。
 玉川大学芸術学部非常勤講師。
[PR]
by fftmk759 | 2013-08-17 13:00 | いわき応援プロ