がんちゃんからの情報発信室


by fftmk759
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ホタル育成活動( 5 )

産卵用のパックをネットで覆い始めて3日目、現在22時45分です。
ホタルは夜行性でありますが、どのパックを見ても元気に飛び回り・LED蛍光色のようにきれいに点滅を続けています。通気が大事だったようですね。
b0211028_23275596.jpg

■容器の色と同系色で良く写真には写りませんが、右上側のガーゼが黄色く着色されています。
 多分、産卵したのかな?ネットにつかまっている左側がメス・右側がオスになります。
b0211028_23274466.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-06-17 23:21 | ホタル育成活動
イチゴ・豆腐パックの2セットにゲンジボタルのオス&メスを採取し、産卵用として観察を始めてから約1週間が経過しますが、変化があらわれず・逆にホタルの活動が鈍化しているため(オス・メス各1匹が死亡)、3度目の採取活動に行ってきました。
今日も天気が良く・〇〇町の水路付近は適度にムシムシした好条件。降車するや否やホタルの光がたなびき、その光に導かれるように数十分で10匹前後を採取。外灯の下に戻って、オス・メスの判別をしてメス4匹を確認しました(流石に3度目ともなると手馴れたものです)。
これまでは、ホタル産卵用のパックにサランラップを覆って育成していましたが、動きが鈍くなる&活動場所が限定されるため、今回からネットで覆う方法に変更してみました。
これで十分に通気され、ネットにつかまるなどで活動範囲が広がり、ホタルの元気度合が高まると良いのですが...そして産卵につながればなおさら良し!!
b0211028_2319431.jpg

■サランラップからネットに変更したことで、上面にもしっかり摑まり活動範囲が広がっています。
 ゲンジボタルの裏面を見ると、はっきりと蛍光色の細い帯・ピンク色の光らない帯の2種類が確
 認できます(→これがメスです)。
b0211028_2319278.jpg

■今回の採取分も含め、観察セットを3つ用意しました。
 就寝前に観察したところ、みんな元気に光って小さな空間を飛び回っていました。
b0211028_23194333.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-06-15 23:12 | ホタル育成活動
先日のゲンジボタル採取活動後、
私の家にはイチゴ・豆腐パックの2セットを産卵用として持ち帰りましたが、どちらのホタルも元気良く動き廻り、発光を続けています。産卵のタイミングとしては採取してから1週間後位と聞いたのですが、このあとは如何に...
綺麗な蛍光色がつかの間の癒しを家のなかに運んできてくれています(意味深...苦笑)
b0211028_2318423.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-06-12 23:18 | ホタル育成活動
先日「〇〇〇〇」で行ったホタル採取のリベンジを、〇〇町で行いました。
今日の日中はかなり気温も上昇し、一時晴れ間も見える程でしたので、ホタルが飛翔する「暑くてムシムシしている」にかなり近い状態となり、出発前から期待が高まりました。
今回は、折角の機会なので子供にも体験させようと思い、長靴・雨具・新調したロング虫網を持って同行させました。
山と田んぼの境に走る水路を、畦道に沿って歩いていったのですが、到着するとすぐに複数匹の飛翔が確認でき、子供のロング虫網も活躍・活躍。掴むのは怖い様子でしたが、とても楽しく追い回していました。
b0211028_14234959.jpg

■子供含めた総勢5人で採取活動を行い、採取数は数えられない程に。
 肝心のメスは5匹で産卵用のイチゴ&豆腐パックが5個作成できました。
b0211028_1424838.jpg

■この写真はメスですが、尾っぽ付近に白い帯・ピンク色の帯が並んで2種類あります。
 白い帯は蛍光色に発光し、ピンクの帯は光りません。逆にオスはピンク色の帯がなく、尾っぽ
 全体が白い帯で蛍光色に発光するといったところが、性別を見分けるポイントとなります。
 さて、産卵は上手くいくのでしょうか?じっくりと観察させていただきます。
b0211028_14243483.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-06-10 23:47 | ホタル育成活動
NW養成講座を終え水戸に戻ってから、雨支度を整えてゲンジボタル採取活動に行ってきました。
昨日の大雨の影響で水路は増量し、またあいにくの雨ということでホタルの採取が危ぶまれましたが、結果は15匹程度(メス2匹・他はオス)。タマゴを作るためにもメスが必要なんですが、飛び回っている元気なホタルはどれもオスばかり。それを知らずに飛んでいるホタルを夢中に追いかける私でした...(苦笑)
どちらにしても、今日の状況下でのホタル採取はあまり良い条件ではなかったため(メスの捕獲も2匹に留まる)、来週ふたたび採取日を設けることで退散としました。
皆さま、お疲れさまでした。
b0211028_1314029.jpg

b0211028_1181049.jpg

■現地が暗黒の世界だったので、市民センターに戻ってオス・メスの判別作業を行っています。タマゴを産卵させるためイチゴパックに湿ったガーゼをひいて、そのなかにメス1匹とオス2匹を放しました。今回はメスの捕獲が2匹だけでしたので、2パックとなります(目標5パック)。
b0211028_1182248.jpg

■コチラがゲンジボタルです。私は、ゲンジとヘイケの外見的な違いや、オス・メスの見分け方も良く理解していません。貴重な2パックのうちの1つを私に渡してくれました。観察がんばらねば!?
b0211028_119169.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-06-08 11:06 | ホタル育成活動