がんちゃんの部屋

ganntyann.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:がんちゃん家づくり( 30 )

このところ晴れの日が続いていますが、OMソーラーは寒い季節に向かって太陽の恵みを最大限の熱量に変え、力を発揮しています。
ということで、日中の家のなかはぬくぬく状態。

■3日間分の集熱温度・外気温・OM室温データが実績として表示されています。
 【赤】の集熱温度はほぼ毎日約55℃(赤の3つの山)
 【青】の外気温は朝方3~5℃、日中15℃前後(小さな山が3つ)
 【緑】のOM室温は18~24℃程度とほぼ室温は一定温度を推移しています(山がなく横ばい)。
 

 朝方はさすがに冷え込んでいるので、5時30分~6時30分までの1時間、エアコンを稼働(設定
 温度20℃)しています。    
 ちなみに、エアコンは我が家唯一の冷暖房器具で、1台しかありません。
 新築時に悩みましたが、器具が少なければそれ自体が環境への負荷を低減し、地球に優しい
 ことに繋がると考え1台にしました。
 今考えると、OMソーラーが当初予想していた以上の力(太陽が作った太陽熱で家の中全体を
 暖かくする)を発揮しているので、補助暖房のエアコン1台で成り立っている感じです。
b0211028_175921100.jpg


■現在の室内環境(17時35分)は、
 【外気温】11℃ 、 【棟温度】21℃ 、 【室 温】23℃
 この室温が徐々にガラス戸や隙間を介して外に熱を奪われ、睡眠前には室温が21℃前後に
 低下します。ただ、21℃前後はエアコンを必要とする室温では未だありません。
 季節が過ぎて、12~2月頃になると日没後の外気温が急激に低下するに伴い、室内の熱も急
 激に奪われ、夜もエアコンが必要となる季節になっていきます。 
b0211028_17591447.jpg


◆さて、夜中の1:00。
 写真撮るのをすっかり忘れてしまいましたが、【外気温】8℃ 、 【室 温】21℃ でした。
[PR]
by fftmk759 | 2013-11-23 18:01 | がんちゃん家づくり
冬が忍び寄り乾燥の季節を迎えています。
この季節になると家の中の湿度計も30%前後を指し、降雨がないことが乾燥に拍車をかけています。
我が家の1階フローリング材(レッドパイン:赤松、W=150、t=15mm)も例外ではなく、乾燥によっていつの間にか動き始め、既に床材同士の隙間が2mmほどに広がり始めています。

この隙間が広がり始めると余計なものまで見え始めてきます。
昨年の冬から今に至るまで隙間に入り込んだ小さなゴミ達です。
ほとんどが2mmの隙間に入り込むものですから、消しゴムのカスや埃なんでしょうが、一筋の黒い線のようにくっきりと浮かび上がってきます。

ということで、娘が風邪気味でノルディックウォーキングの定例会にも行けずじまいの午前中に床の隙間掃除を始めました。
ちなみに、「がんちゃんの部屋」記事アクセスランキングのTOPは、ノルディックウォーキングでも・自転車でもなく、ダントツの1位で昨年アップした床隙間のお掃除記事でした(苦笑)。

■床隙間に黒いゴミの筋が見えています。
 消しカスや埃が床材の奥にあるので、ピントがどうしても手前の床材にあってしまい上手く撮れ
 ない...
b0211028_1703733.jpg

■今の状態で約2mm程度の隙間が出来上がっています。
 冬の間は小まめに隙間掃除をしないと、黒い一筋がちょっと汚い印象をうけます。
b0211028_170535.jpg

■隙間のお掃除には、普段使っている掃除機のヘッド部を全部取り外した手元筒部で行います。
 床の隙間部に掃除機の手元筒部を直角にあて、真下のゴミを確実に吸引するようセットしま
 す。 
b0211028_171558.jpg

■我が家の掃除機は15年目で吸引力が怪しくなっていますが、とりあえず吸引モードを「じゅう
 たん」で最高にします。
 掃除機の先端が隙間以外の床に直接接触し、ある意味床を吸引しようとするため、キュイー
 ンといった凄い音がして同時に隙間のゴミも見事に吸引されていきます。
 次に、床に吸い付いている掃除機先端部を、隙間のゴミに沿って滑らせていきます。
b0211028_1711450.jpg

■掃除の後は、こんなに綺麗な隙間が見えてきます。
b0211028_171246.jpg

■みなさんも、是非この隙間掃除テクをお試しあれ!?(笑)
b0211028_1713468.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-11-23 17:02 | がんちゃん家づくり
b0211028_2293198.jpg
b0211028_2294645.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-10-06 22:10 | がんちゃん家づくり
家の南側と東側に一部残っていた更地箇所に、雑草が生えたり・東側は雨天時の建物へのドロ跳ねが見られたため、グランドカバーの役割も含めて自然樹院さんに三度(みたび)芝張りをお願いしました。1回で全てを済ませば良かったものを...すいません)。
自分で張ろうとも考えたのですが、畑仕事が手一杯でその気力が無いのと(情けない)、目土を使って上手に整地する自信がなかったので、プロの手に委ねることにしました。
結果的には、今回も整然と・とても綺麗に仕上げていただき、本当にありがとうございました。

植樹・造園・築庭などをお考えの方は、笠間にある(有)自然樹院さんに相談してみては如何ですか?
社長(木のお医者さん:樹医)宅周辺にある広大な敷地に、山採りしてきた木々が沢山移植されて、さまざまな種類の木をじかに見て・選ぶことが出来ますよ。

↓↓↓(有)自然樹院さんはコチラのURLをクリックしてご覧ください↓↓↓
http://www.shizenjuin.com/


■和室南側の自転車置場に使っていた更地も雑草が目立つため、芝張りとしました。
b0211028_2018596.jpg

■細長く更地が続いていましたので、雨天時に落ちてくる水滴などでコンクリート基礎へのドロ跳
 ねがみられました。
 今回マンホールの蓋部分を避ける形で全面芝張りとしましたので、もう大丈夫かな...
b0211028_20191084.jpg

■既存部分の芝はボウボウの状態(ビフォー)。
 芝刈機の購入を考えていましたが、自然樹院の上野社長曰く「この位なら草刈機で全然問題
 ないですよ!? 腰を落として、カッター面を地表とほぼ水平にすればグリーンにはなりません
 が、フェアウェー程度には整備できます!!」
 と自信満々に回答いただきましたので、草刈機による芝刈りを炎天下のなか実施しました。
b0211028_20193487.jpg

■始めてにしては綺麗に、そして短時間で仕上がりました(アフター)。
 ひとつ難点は腰を落とす姿勢になるので、腰が辛い...ことかな(笑)
b0211028_20194516.jpg

■手前が新規芝張り箇所で、奥が草刈機でフェアウェーに変身?した既存個所。
 この位なら上出来でしょ!!尚、草刈機は刈った芝を集める作業が追加となります。 
b0211028_21455667.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-07-02 22:19 | がんちゃん家づくり
今日は天気予報の通り気温がぐんぐんと上がっています。
〇 8時26分 棟温48℃、外気温13℃、室温21℃
〇14時16分 棟温50℃、外気温24℃、室温24℃
〇15時01分 棟温46℃、外気温19℃、室温25℃

結果的には、室温が25℃まで上昇し、ヌクヌクを通りこして汗ばむ程度でした、。
 
b0211028_20352032.jpg
b0211028_20352560.jpg
b0211028_20354223.jpg

■この3日間の室温(緑線)は、ほぼ20℃前後の横一線となり、OMソーラーシステムの効果を
 実感しています。
b0211028_20354431.jpg


このOMソーラーシステムですが、今はやりのスマートハウスにも適用していまして(私の家は旧タイプのため別途設置)、
小屋裏に設置したハンドリングBOXにLANケーブルを敷設すれば、リアルタイムに各種データを採録、OUTPUT出来るようです。
ただ、そこまでしてデータを何に使うのかは不明ですが。。。
[PR]
by fftmk759 | 2013-03-09 20:36 | がんちゃん家づくり
確かに今までより気持ち「エアコン」の効きが悪くなったような気はしていましたが、攻撃的に言われるとまずは反撃の言葉がとっさに出てくるものです。
が、一応確認してみることに。
ただ、気持ちのなかでは、今のエアコンはお掃除ロボットもついていて10年間はメンテナンスフリーなんだよ!!
フィルターの掃除をするのは10年前位の古いエアコンを使っているおうちだけでいいんだよ!!
なんて思っていました。。。まして入居してまだ1年ちょっとだし。。。

■で、前面のパネルを開き、エアフィルター・ダストボックス・ダストブラシ、熱交換部(フィンになってこの写真でホコリが付いているところ)などを見てみたら。驚き!!衝撃!?
 イヤー汚れているのなんの。ホコリがびっしり付着しているといった状態。これでは稼働能力も落ちてしまいますよね。反省しながら掃除機でホコリを丁寧にとっていきました。
b0211028_10172298.jpg

■上の写真でホコリがついているフィン上にこちらのエアフィルターがついて、ホコリ等が熱交換部に入らないような役目をしています。
 室内の空気だけを吸い込もうとしているのですが、空気中には微細なゴミ・ホコリが存在していますので、吸込む過程でどうしてもフィルター上面にホコリが付着してきます。
 付着したホコリは、ほとんどがこのフィルターのネットのようなものが回転して、下にあるダストブラシで剥ぎ取っていくのですが、処分先のダストボックスが満杯なっていたり、または完全に取りきれるものではないようで、
 うっすらとホコリは付着していました。
 掃除機でちょっと吸い込めばこんなにきれいになり、空気の取り込みも問題なくなりました(苦笑。なんでこんなに簡単なことをすぐにやらなかったの!!といった目で訴えられています。。。トホホ)。
b0211028_10281937.jpg

■上がエアフィルターで下が付着したホコリを剥ぎ取るダストブラシです。
b0211028_10285942.jpg


私の家のエアコンはダイキンさんですが、皆さまも是非、家のエアコンをお手入れしてみてくださいね。多分、これで消費電力も結構変わってくるでしょうし、エアコンの効きも違ってきますね。
取扱説明書の後ろのページに「お手入れのしかた」で詳しく載っています。
くれぐれもダンナさまが自主的に実施することが肝心です(大笑)。
[PR]
by fftmk759 | 2013-01-21 10:17 | がんちゃん家づくり
半日掃除機を酷使して、フローリング隙間部ゴミの吸引とOMソーラー風吹出し箇所のガラリを取り外して掃除を行いました。

■こちらは、OMダクトに一番近い箇所にある木製ガラリ。外気をそのまま取り込んで、太陽熱で温め、室内に取り入れているせいか、ホコリが基礎断熱の発砲ウレタン材上に結構たまってました。
b0211028_1951332.jpg

■和室の窓ガラス側にも畳のすぐ側面に鋼製のガラリが設置されています。スマートなガラリで違和感がありません。
b0211028_1951442.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-01-08 20:00 | がんちゃん家づくり
本日のOMソーラー稼働状況はどうなっているでしょうか?
快晴が続いていますので、OMソーラーシステムにとって好条件ではありますが。。。

まず、現在(13:03分現在)の状況は、
 【外気温】 9℃
 【棟温度】47℃
 【室 温】19℃→この季節は少しでも室温を上げるため、在宅時はガラリ戸を戸袋に収納し、ダイレクトゲインによる室温上昇を期待しています。

また、3日間分の集熱温度・外気温・OM室温データの実績ですが、この週末のように晴れた天気が続くと、
 【赤】の集熱温度はほぼ毎日約50℃まで上昇(赤の3つの山)
 【青】の外気温は早朝マイナス6℃程度、日中は5~10℃程度と寒いです(水戸は寒いですね---)。
 【緑】のOM室温は15~21℃程度と、外気温の変動に比較すると、室温は5℃程度の範囲で一定温度となっています(ジクザクはしているがほぼ横ばいの室温)。
    ただ、さすがに厳寒期のため、日中集めた熱が外気温の低下に伴い、徐々に放熱・室温も低下していきます。
    晴れた日でも夜19:00位~就寝までの時間と、タイマー設定で早朝の5:00~7:00までエアコンは稼働しています(電気料金も夏場の7,000円程度から12,000円程度までUPしています)。

★★★ただ、エアコン1台で冬が乗り切れること、太陽が出ている日の日中はどの部屋にいても快適なヌクヌク室温であることなど、OMソーラーシステムを皆さまにもお勧めします。
b0211028_14123980.jpg
b0211028_14124731.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-01-06 13:10 | がんちゃん家づくり
1階のフローリング材は国産赤松無節(幅150mm、厚15mm)を使用していますが、冬から春に掛けての乾燥時期は、床材が微妙に動き出します。
ここまでとは思いませんでしたが、写真のように最大で2mm程度の隙間ができ、その隙間にホコリ・チリ・消しゴムのカスなど、結構黒ずんだゴミが
詰まっているのが黒いラインのように確認できます。
昨年は入居して1年目でしたので、特に気にもならず、そうこうしているうちに季節がかわり、湿度の上昇と共に床材が膨張・隙間がほとんど無くなって
確認できなくなりました。
今年は2年目となり、流石に汚れも目立ち始め、なんとかならないかと悩んでいたところ、そういえば掃除機のヘッドを外して隙間に密着させれば、相
当な吸込圧となり隙間のゴミも取れるのでは?と思い、早速試してみました。

予想通り、ヘッドを床材の隙間に完全に密着させ吸引すると、掃除機も負荷が掛かり「キュイ---ン」といったようなすごい音を出しますが、綺麗に
ゴミを取り除くことが出来ました。
以前、毛先の細いホウキなどを使って掻き出していたことを考えると、時間・労力共に削減できるこの方法が断然お勧めです。

無垢材のフローリングをお使いの方は、フローリング材の設置されている室内環境によって、乾燥(木材が縮む)・湿潤(木材が膨張)による木の動きが
ありますのでご注意ください。
ただ、これが自然素材を使用している醍醐味でもあるのです。。。

尚、床暖房や電気蓄熱式暖房機の設置を検討されている方は、特に床材の選定にはご注意ください。
無垢フローリングを使用すると、まれに乾燥が激しく、床材の両端がそり出してくるような場合もありますので。。。それぞれの暖房方式に適用した床材
の選定をお願いします。
ちなみに、我が家はエアコンが唯一1台のみです。

■遠目に見ても床材の突合せ部に隙間が出来ているように感じます。
b0211028_1232162.jpg

■コチラが最大で2mmのフローリング材隙間です。結構開いていますよね。
b0211028_1234090.jpg

■ちょっと怪しいゴミがモジャモジャとたくさん確認できます(黒い物体です)。
b0211028_124063.jpg

■隙間に対して掃除機のヘッド(全てを取り外した状態のヘッド)を直角にたて、吸引モードも【じゅうたん】などの最大モードを使用ください。
b0211028_1241864.jpg

■掃除のあとはとっても綺麗な姿に様変わりです。
b0211028_1242527.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-01-06 12:06 | がんちゃん家づくり
1階の窓枠は全て全体的な質感を考慮して木製建具を採用しましたが、生きている木だけあってこの1年間でいろいろな問題点がありました。
一つ目は、冬場の乾燥による木の収縮で、この写真にも見られる外から2枚目と3枚目の木枠上部(高さ方向)に隙間が出来ています。
下にいくほどに隙間が狭まり↓
b0211028_1311991.jpg

■この写真は木枠(高さ方向)の真ん中付近ですが、上とは変わって木枠同士が窮屈でまったくの隙間(あそび)がありません。
 現在は、外から2枚目の木枠上下が、真ん中を支点に外へ反り返り隙間が出来ている状態です。
 →対応策はあまり開閉をしないこと(笑)、春を待つこと(大笑)
b0211028_1313055.jpg

■昨年の9月入居後直ぐに台風が水戸に直撃したのですが、木製建具の下端(レールと木枠の隙間)から台風による雨と強風の圧力によって家の
 なかに水が入り込んできました。雑巾やタオルを隙間に詰めて対応しましたが、新建工舎さんにちょっとメンテナンスをお願いしました。
 名前は忘れてしまいましたが、枠の下端に黒のゴムシートをつけて、それがレールの隙間分を解消します。
 →コチラ効果ありでした。
b0211028_1314651.jpg

■窓枠と家側の隙間についても、冷たい風がこの10mm程度の隙間から入り込み、せっかくの室内温度を低下させてしまいます。
 →こちらは毛がモサモサしたモヘアで対応し、効果ありでした。
b0211028_132021.jpg


このように木製建具や無垢の床材などを使用した場合、クライアントは自然素材の特性を良く理解し、これらをすべて許容し・楽しみながら生活することが大切と思われます。
ちょっと不便なところもありますが、生活の中で工夫することにより改善も図られ、これらを含んで生活におおらかさが付加されるのではないでしょうか。
加工された工業製品にはない、本当の素材感・経年変化による味わいが楽しめるのも自然素材の魅力の一つであると感じます。

お家を建てる時の参考になれば幸いです。
[PR]
by fftmk759 | 2012-11-04 13:02 | がんちゃん家づくり

がんちゃんからの情報発信室


by fftmk759