がんちゃんの部屋

ganntyann.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

恒例の年越し蕎麦を作っていただくため、笠間の「河原井名人」宅を訪れました。

■ちなみに、この写真は名人宅にある蕎麦道場です。自宅に蕎麦打ちの部屋があるなんて凄い!!
b0211028_2023113.jpg
b0211028_20231376.jpg
b0211028_20234613.jpg

b0211028_20244165.jpg

■蕎麦(岩瀬産)の香りが漂ってきそうな写真です。
b0211028_2025169.jpg

■早速、帰宅後にかき揚げやエビ天と一緒にいただきました。
 醤油とみりんを1週間漬込んだ「かえし」&荒削りした鰹節と昆布を漬込んだ「だし」で出来たつけ汁の香と、蕎麦の風味・コシがマッチして高級蕎麦店でいただいているような味わいでした。ちなみに、高級蕎麦店など行ったことはありませんが。。。
b0211028_20253996.jpg

■河原井名人が使っている道具類
b0211028_21321819.jpg


河原井名人、ありがとうございました。
奥さま、ノルディックウォーキングでお待ちしています。
[PR]
by fftmk759 | 2012-12-31 20:25 | 旨い物処
晴天日のスキー場はホントに気持ちいいですね。180度以上のパノラマ風景が広がっています。
b0211028_14582757.jpg
b0211028_14585686.jpg


↓ 【グランディ羽鳥湖スキーリゾート】はコチラから↓
  http://www.hatoriko.com/
[PR]
by fftmk759 | 2012-12-30 14:59 | 地方巡礼
お向かいさんのご実家で、毎年この時期お正月用のお餅を作っているということで、今年もお裾分けをいただきました(感謝・感謝)。
今主流の機械ではなくて、臼と杵を使って「ペッタン・ペッタン」人力でついているそうですが(つき餅)、食べてみると確かにもっちりと弾力があり、とっても美味しい。

今回は、きな粉・あずき・ずんだの3種類&のし餅2枚をいただきましたが、どれも幸せ---なお袋の味でしたよ。
来年は家族で参加させてくださいね。
それとあずき・ずんだの作り方もレクチャーお願いします(ずんだ美味しすぎ!!)。

さて、お向かいさんの旦那さま。
いつもより多い6升(単位が良く判りませんが。。。)をついたそうですが、腰大丈夫ですか---?
年齢からすると数日後に腰痛がでますから(失礼しました)、ハッピーニューイヤーマラソンのあたりかな?

ありがとうございました。

b0211028_1455550.jpg
b0211028_2281275.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2012-12-30 14:51 | 日々の生活
ノルディック・ウォーキング水戸のK支部長から、帰り道に「みつわ亭」おすすめですよ!とのメール情報が入りましたので、ご指示通り(笑)行ってみました。
ちょっと早めにスキー場(11:30終了)をあとにし、帰りの峠道はほぼ雪解け状態でしたので、お昼過ぎにはお店に到着(その後からお客さんが続々来店。早く来てよかった)。
写真のように、白河ラーメンの特徴である3大要素「ちじれ麺+手作りチャーシュー+鶏がらスープ」だったのかな?
チャーシュー&タマゴ入りチャーハンも付くセットメニューでガッツリといただきました。

「満腹&大満足で美味しかったで---す!?」
しかし、帰りの道中睡魔が。。。

私は以前といっても20年程度前に羽鳥湖をホームゲレンデにしていた時は、新白河沿いに「大正(おおまさ)」や民家の客間を利用した「ラーメン佐藤」(ここは肉厚チャーシュー・ワンタンなど大満足なトッピングだった記憶が)に
良く立ち寄っていました。
また、開拓始めようかな。。。

b0211028_19431526.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2012-12-28 19:52 | 日々の生活
グランディ羽鳥湖スキーリゾートの近傍にある宿泊施設「羽鳥湖高原レジーナの森」へほぼ数十年ぶりに宿泊しました。

キャンプ用品で有名なColemanのキャンプサイト、レイクレジーナといった人造湖での釣りやカヌー、ガーデンスパや温泉、そしてドーム型の宿泊施設「オルサ」など他にもたくさんの施設が併設され、
1年中楽しめるリゾート宿泊施設となっています。

15:00にスキースクールを終えると早々レジーナの森へ移動。
ゆっくりと18:00の夕食に向けて仮眠しようかと思いきや、子供達から温水プールへ行こうとのリクエスト。
いったいどれだけ遊べば満足する子供達なのか。。。
結局は1時間程度温水プールで泳いだり、ジャグジーに入ったりと、その後も休むことなく夕食まで突っ走り、私のみ19:30頃就寝。

子供達は翌朝聞くと、更に21:00過ぎまでゲームで盛り上がっていたようです(トホホ:子供の体力恐るべし)。

b0211028_19354812.jpg
b0211028_19362610.jpg
b0211028_19365979.jpg


↓ 【羽鳥湖高原レジーナの森】はコチラから↓ ゆっくりとプライベートタイムを過ごせるお勧めの宿泊施設です。皆さんも羽鳥湖に行きましょう。
  http://www.reginaforest.com/
[PR]
by fftmk759 | 2012-12-28 19:39 | 日々の生活
本日も8:30~滑走開始。
太陽の恵みは残念ながらありませんでしたが、昨日までの強風はピタッとやんで気温も高い感じ。
本日もコンディションは良好ですね。ただ、昨晩は降雪がなく、気温も上がっているせいかコースの一部にアイスバーンが発生していました。
逆エッジにならないよう用心深く滑降。

今日は半日でしたが、高速クワッドリフトに8回は乗ったでしょうか。
終わるころには足はガクガク。
そんな私を横目に、子供達は元気に2人でリフトに向かっていきました(疲れと・怖い物しらず)。
b0211028_19312517.jpg
b0211028_19314364.jpg
b0211028_1934448.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2012-12-28 19:33 | 日々の生活
昨日までのクリスマス寒波がウソのような快晴です。スキー日和と言って良いでしょう。
ただ、風はちょっと強かったかな。

子供達2人は早々スキースクールのプライベートレッスンへ(私がボードのため教えられない)。
それも2年前の3月に始めてスキーをした時に教わった先生を再びリクエストさせていただき、2年ぶりのスキーが始まりとなりました。
午前2時間、休憩を1時間はさんで更に午後2時間と、トータル4時間みっちりとご教授。
そのかいあってか、下の娘はどんなとこでもハの字で猛突進、上の子はなんとなくハの字から谷・山スキー板を揃えて滑れるところまできました。
ちなみに、羽鳥湖のスキースクールですが平日はプライベートレッスンのみ、休祭日はグループレッスンとなるようです。

先生ありがとうございました。
また、再開できるといいですね。

■ほとんどプライベートスキー場といった感じです。リフト待ちなし。昨日までの大雪で全面滑走可能&滑走状態も良好でした。
b0211028_19291046.jpg
b0211028_192993.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2012-12-27 21:30 | 日々の生活
今日は奥さまが仕事&忘年会のため、私のまかない料理です。
といっても簡単な「キャベツと豚ばら肉の重ね煮」。

■左が作成途中で、右が完成形。といっても雑誌の完成形。評価のほどはイマイチだったような。豚肉をばら肉でなく肩ロース薄切りにしたのが、肉のちょっとしたクセと淡泊な感じの味にしてしまった原因かな。。。
b0211028_130408.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2012-12-25 19:30 | 日々の生活
本格的にノルディックウォーキングを始めるに当たって、最低限の道具であるポールを購入しました。
早速、大塚池で練習と思ったら、ヒーリーズ(靴の裏にタイヤがついている)を履いた娘が疲れたからそのポールで引っ張って-だって(用途が違う!!)。
「あー。やっぱり一人でくるべきだった。」
でも、気を取り直して2周目はひとりで練習。
最初のうちはポールの長さ調整が良く判らず、長めの調整でなんか違和感あり(ポールがうまく抜けていかない感じ)。
よくよく考えるとこんなにスキーみたいに長くなかったような?と思い105cm(←98cmの間違い)に縮めたら、突いて・押して・抜ける感じがスムースになって、調子良く歩行ができました。
明日から朝練やろうかな。。。

■上が2年前に尾瀬ヶ原や木道を散策するために購入したポールで、下が今回購入したポール(LEKI)。
b0211028_19585966.jpg

■先端の部位が用途によって全く違うことが判ります。上は山を登ったり・降りたり、体を支えることが主となるため、先端がとがっていますが(この写真では防護カバーをしています)、下のノルディック用は手の力を地面にしっかり伝え推進力を得られる
 よう、45度でポール先端が地面に接したとき推進力の反力が十分に得られるようギザギザな設置面となっています。
b0211028_19593374.jpg

■娘に頼んで後ろから撮影(ノルディックウォーキング中)
b0211028_1959318.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2012-12-24 20:44 | ノルディックウォーキング
ボランティアの日立支部長NORIさんから「アラジン」についての問合せがありましたので、ちょっと追記します。
この石油ストーブの熱源は灯油で、下の灯油缶スペースには4.1リットルの灯油が入ります。
1時間に約0.26リットルの灯油を消費しますので、単純には灯油缶を満タンにすると
4.1リットル/0.26リットル・時=15.77時間

結果、1回満タンにすると→約16時間の使用が可能となります。

お向かいさん曰く、「毎日2~3時間使って、燃料補給は週末の1回くらいかな?」との話でしたので、カタログ値にほぼ一致する感じですかね。
当然、家の間取り・吹き抜けの有無・家の断熱や気密性能によっても変わってきますが、補助熱源(主熱源であるエアコンの補助→エアコンはタイマー設定しておけば
希望の時間に設定室温まで上昇するが、石油ストーブは輻射熱のため希望の室温になるには時間がかかる。よってあらかじめエアコンで室温を上げた状態で使
用し、本格的に石油ストーブが稼働を始めたらエアコンを止める)として柔らかな暖かさや・炎のゆらぎ、そして冬の乾燥対策として使って頂くといいのかなと思います。
b0211028_9564215.jpg

■笠間「グリュイエール」のクリスマスケーキに、子供達がデコレーションを施しました。スポンジ・生クリームともにふんわりで美味しいと高評価でした。
b0211028_9565227.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2012-12-24 09:57 | 日々の生活

がんちゃんからの情報発信室


by fftmk759