がんちゃんからの情報発信室


by fftmk759

<   2013年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

最終日は、白石市にある白石城址と武家屋敷を探索しました。
当初は、完全な観光モードの気持ちで向かっていたのですが、城下周辺に近づくにつれ整備された水路・街並みが見え始め、車で素通りするのがとっても惜しいと感じ、ノルディック&キックボード&ヒーリーズの親子3人組で歩き始めました。
このところ、私が近場の移動はNWしかしないことを知っている子供達は、有無を言わず言わさず(あきらめ)・暗黙の了解っていう感じでついてきます(笑)。

武家屋敷の駐車場管理室の壁には、JR東日本の「大人の休日倶楽部」の古びたポスターが貼ってあり、小雪舞う中、吉永小百合さんが橋を渡るシーンが写しだされていました。
せっかくの機会でしたので、私達も同じ角度から1枚パシャリ。

そうこうしていると、あら!?粉雪が降ってきたではありませんか。
朝から冷え込む予報ではありましたが、4月を目前にして雪を見るなんてやっぱり東北地方は寒いんですね。

■いつまでこうやって一緒に歩いてくれるのでしょうかね---。
b0211028_1862897.jpg
b0211028_1865621.jpg

■まさに上のポスターのように粉雪が降り始めました。びっくりしました。
b0211028_1875941.jpg

■さて、ゆっくり歩き始めて10分程度で白石城の裏手方向から天守閣の三階櫓と大手門二ノ門
 が見えてきました。
b0211028_1891066.jpg

b0211028_18121564.jpg

ここで歴史的な背景を振り返っていきましょう。
白石城は1500年代後半に蒲生氏家臣によって築城されました。
その後戦国時代のめまぐるしい勢力争いの過程で上杉氏、関ケ原合戦(1600年)の直前には伊達正宗が白石城を攻略し、その家臣片倉小十郎によって大改修がなされ、明治維新に至る260余年間片倉氏の居城となりました。
初代片倉小十郎影綱といえば、その智将ぶりから「国家の大器」として豊臣秀吉や徳川家康からも高い評価を得ていた伊達家随一の名参謀で、「小十郎」の名は当主の通称で、天下の大名(たいめい)となりました。
そして、1602年に白石城1万3千石を拝領しています。

今回、私が一番驚いたことは、戦国大名のなかでも最強と言われ、大阪夏の陣で徳川家康を後一歩のところまで追いつめた真田幸村(信繁)についてです。
幸村は大阪城の落城前夜に自らの死を覚悟し、戦場でわたりあった敵である二代片倉小十郎重長を知勇兼備の将と見込んで、子女阿梅(おうめ)の後事を託しました。
また、幸村の次男守信(幼名は大八)も白石城二の丸で密やかに養育されたといった説もあります。
このように徳川にとって朝敵であった豊臣方家臣(真田)の子孫を、片倉家また主君であった伊達家も承知の上だったのでしょうが、なぜリスクを犯すことまでして白石に迎えたのでしょうか。
当然そんなことが徳川勢に知れたらただ事では済まされなかったでしょうし、実際これ以降に幕府方からの詮索も入ったようです。

戦場で真田幸村と肌を合わせ闘いそこから生まれた畏敬の念、そして子を持つ同じ親として無念にも子を託す以外の道が閉ざされた者から嘆願されたことが心に響き、儒教で言うところの「義の心」が湧き出てきたからでしょうか。
どちらにしても、このような背景があって幸村の次男守信は片倉を名乗った家臣となり後に伊達藩士に取り立てられ、その息子辰信の代(1712年)になって公に真田姓を名乗ることが許され、守信の子孫は【仙台真田家】として今なお続いているというのです。

大阪夏の陣で潰えたと思った真田家は宮城の地で脈々と生き続けていたのですね---っ。
この壮大なロマンというか事実に感動しました。

ps.その後の阿梅(おうめ)ですが、二代片倉小十郎重長の後室となっています。
   真田幸村は天国で片倉小十郎重長に逢い、お礼を伝えることが出来たのでしょうか。

■ここからの写真は白石名物のうーめんです(そうめんのあったかバージョン)。
b0211028_18133068.jpg
b0211028_19475491.jpg
b0211028_19483758.jpg
b0211028_19484989.jpg
b0211028_1949687.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-03-31 18:17 | 地方巡礼
b0211028_19445487.jpg
b0211028_19452246.jpg
b0211028_19454265.jpg
b0211028_1946591.jpg
b0211028_19461776.jpg
b0211028_19463998.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-03-30 21:43 | 地方巡礼
b0211028_2092369.jpg
b0211028_2093093.jpg
b0211028_2095128.jpg
b0211028_20102488.jpg
b0211028_20104111.jpg
b0211028_20111057.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-03-30 20:08 | 地方巡礼
宮城県はノルディックウォーキングが盛んなのでしょうか。
偶然に宿泊した旧グリーンピア岩沼(現モンタナリゾートホテル)の広大な敷地にはさまざまなノルディックウォーキングコースが用意されています。
散歩でもしようと子供達にも、ヒーリーズやキックボードを用意させコースに向かいましたが、整備されている路面はほんの一部分。
当初のイメージでは全コースの歩行面がアスファルトなりで舗装され、色分け等でコース設定がされているものと思っていましたが、実際に歩き始めてみると、いきなりの森林散策といったイメージの自然道が続きました。

■スタート地点にはコース看板が見えますが。。。
b0211028_1754878.jpg

■こちらの道は既に「シーダの道(約800m)」といった周遊散策路で、シダ植物が多く自生する杉林となっています。このコースをなに気なく歩いたのですが、直後から花粉症の私はクシャミが止まらなくなり、この後一日中「ハクション!!ハクション!!」を連呼する始末。
薬を飲んで用心すべきでした。まだまだ侮れない季節ですね。 
娘は急な坂道もなんのその。キックボード後部のブレーキを巧みに操りながら、急斜面を滑り落ちていきました(笑)。
b0211028_1755843.jpg
b0211028_17553031.jpg

■ポールの先端ですが、こういった山道の腐植土が堆積したような場所はラバーチップ(ゴム)が効かないため取り外して使用しました。
b0211028_17563768.jpg

■春の芽吹き「ふきのとう」ですか。
b0211028_17571531.jpg


↓↓↓ 【グリーンピア岩沼】の情報はコチラから ↓↓↓ http://www.city.iwanuma.miyagi.jp/kakuka/010900/greenpia/
b0211028_2051777.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-03-30 18:01 | 地方巡礼
宮城県ノルディックウォーキングの旅(家族編)を子供達含めた4人で行ってきました(奥さまは今回もお留守番-笑-)。
早朝割引の恩恵を受けるべく、朝5時30分スタート。
常磐道~磐越道~東北道~白石IC~国道4号バイパスを経由し、ちょっと早すぎた9時頃には宮城県南部の柴田町に到着しました。

原田甲斐などが居城としていた船岡城址公園から見下ろす白石川。
その川堤には約8kmに亘りソメイヨシノ約1,200本が花開き、見事な桜並木が視界を埋め尽くす「一目千本桜」が見られるそうですが、残念ながらこの時期は寂しげな風景が広がっています。
やっぱり、宮城県は南部といえどもまだまだ気温が低く、梅もやっと芽吹いてきた程度。
例年のさくら祭りは4月中旬に見頃を迎えるそうです。

さて、今日のノルディックウォーキングは4号バイパス周辺から「柴田町太陽の村」までの?㌔。
簡単に行ってきますと言ったのはいいけれど、森に囲まれたいきなりの坂道。
歩けど歩けど山頂は見えず、【太陽の村→】の看板が不安にさせない位の頻度で確認できる程度。
40分も上ったころからは杉林と笹藪が見え始め、今度は【熊に注意】の立て看板。
「ウソでしょーっ!?」、更に不安になりながら、山頂にやっとのことで到着。

さすがに、次の日筋肉痛になりました(下山時間も含んで約1時間30分程度の歩行時間でした)。
b0211028_18211863.jpg

■こんなに上の方まで歩いてきたのですね---っ。
b0211028_18213776.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-03-29 18:22 | 地方巡礼
NordicWalking-EAST 水戸支部のK支部長から4月の定例会予定が告知されました。

桜は今週末が満開で見頃となりそうですが、次は若葉が芽吹く新緑の季節です。
この爽やかな季節に皆さんで、千波湖畔を楽しく歩きましょう。

以下は、K支部長blogより抜粋です。
---------------------------------------
4月13日(土)10:00~
4月27日(土)10:00~ 【遠足イベント※】
※遠足イベントと称して「笠間芸術の森公園」でノルディックウォーキングしたいと思います。
 集合時間は通常開催と同じく10:00。
 集合場所は北ゲート側駐車場付近とします。
「陶炎祭(ひまつり)」が29日から行われますが、その前なので無料で駐車できます。
  公園内をノルディックウォーキングしたあとに近くのお店でランチしましょう。
ランチ代は1,000円~1,500円程度を予定しています。
予約の都合上、4月20日(土)までに参加申し込みをお願いします。
---------------------------------------

ちなみに、がんちゃんは両日参加します。
特に芸術の森公園は辺り一面が芝生で、開放的な広場ですから、今から歩くのが楽しみで-す。

↓↓↓ 【NordicWalking-East 水戸支部 ↓↓↓ 
定例会の様子や今後の活動予定はコチラからご覧になってください。
http://nwmito.blog.fc2.com/
[PR]
by fftmk759 | 2013-03-28 23:15 | ノルディックウォーキング
日本のハワイは水戸からですと日帰りが可能で、7時30分出発・ハワイアンズは4時間1本勝負・そして15時30分に水戸帰宅の半日コースとなりました。
帰宅後は、まだまだ余力のある子供達と、ノルディックウォーキング&ヒーリーズ&スクーターとそれぞれの乗り物で、大塚池を1周しました。
このところ、NWは1周終盤に差し掛かると、汗ばむようになってきましたので、適正な動きに近づいて・それなりの運動効果が出てきているのではないかと思われます。

■娘はハクチョウさんへ餌をあげたくて、パンと菜っ葉を用意して出掛けました。
 刻んで投げればいいものを、そのまんまコブハクチョウに投げたため、コブも噛み切るのに苦
 戦していました(写真でも判りますね)。
 周りから、愛らしい水鳥・カモがたくさん寄ってきました。
b0211028_17464915.jpg

■とにかく歩きます。
 ノルディックに出逢ってから本当に歩くこと、探索することが大好きになりました。
 K支部長ありがとうございます。
b0211028_1747111.jpg

■こちらはソメイヨシノではない種類の桜ですよね?
 ピンクの色合いが濃いめですからなんでしょうか(八重かな。。。)
b0211028_17474576.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-03-26 17:48 | ノルディックウォーキング
外は寒さが続いていますが、今日からいよいよ子供達は待望の春休みです。

水戸から1時間の「ハワイ〇〇ズ」は春休み初日ということで、まだお客さんの足はのびていないのでは?なんて楽観視は見事に裏切られ、30分前の8時30分に到着するも既に入口付近は大行列でした。
待ち時間は寒さが応えましたが、9時オープンと同時にスゥーッとスムースに入場。
館内に入った瞬間、いつもの常夏の国「ハワイ」が迎えてくれました。

今日は長男の部活の先輩を含めた子供達5人と運転手が私。
お兄ちゃん達が相手をしてくれるので、娘もまったく手間いらず。
ということは、私はホントにプールに浮かんで遠くから様子を伺っている、まるで河童状態(笑)。
流れるプールでも子供達を離れた位置から追いかける負傷した競争馬のまるでトレーニング状態(大笑)。

お父さん、お父さんと言われていたころが懐かしい。
それだけ大人に近づいて、成長してきているのですね。

嬉しいような、ちょっと寂しい常夏の国「ハワイ」でした。。。

■8時30分でこんな長蛇の列でした。
b0211028_17255133.jpg

■こちらは新しく出来たモノリス・タワー。確かポリネシアン風ホテルだったような。
b0211028_17261073.jpg

■入口では現在3月22日~4月7日まで上演中の「みちのく新喜劇」出演者?がプロモーション中(撮影はダメだったようですが知らずにパシャッ)。
b0211028_17263258.jpg

■何とか大王もひっそりと佇んでいました。が、意外にも記念写真をとる家族づれ多し。
 その写真を見せてハワイに行ってきました。は無しですよ(笑)
b0211028_1727587.jpg
b0211028_17273349.jpg
b0211028_17275398.jpg
b0211028_1728616.jpg
b0211028_1728203.jpg
b0211028_17301247.jpg


↓↓↓ 【スパリゾートハワイアンズHPはコチラから ↓↓↓ 
春休みはみんなで福島県に行こう。
http://www.hawaiians.co.jp/
[PR]
by fftmk759 | 2013-03-26 13:11 | 地方巡礼
少し古いお便り紹介になってしまいましたが、あらいぐまさんのスノーシュー第2弾をご紹介致します。
今回も「大人の休日」を満喫されたようです。

福島に足を運ぶことによる復興支援を今後ともよろしくお願いします。
会津若松も、桜・その後の「新緑の季節」最高ですよ-。
私は、ひとまず6月に福島市で開催される「六魂祭」のサポーターで行こうかと考えています。
何せ東北夏祭り大集合ですから。

---------------------------------------
3月2~3日と裏磐梯をスノーシューで遊んで来ました。
2日(土)はちょい吹雪の天候だったので、森の中を歩く「五色沼」コースを選択。
風もそれほど感じないぐらいのスノートレッキングを楽しみました。
また、午後はペンション到着後に曽原湖から中瀬沼方面の雪原スノーシュー遊び。
途中、風がほとんど来ない場所を見つけて「ホット赤ワイン」タイムをやりました。
コンパクトストーブで沸かした温かい赤ワインに十勝チーズです。
安いワインでも実に美味いのです。
3日(日)は裏磐梯スキー場のリフト頂上から、「イエローフォール」にトレッキングしました。
1時間弱の雪上ハイキング。
小さな滝なのでしょうが、少しずつ流れる水が凍る過程でこんな素敵な氷のかたまりを作ってくれます。
今年は色の拡がりがちょっとありませんが、それでも今年も見られて幸せを感じました。
帰りの林間の下りは、新雪をガシガシと踏み込みながら快適に遊べます。
こんな感じのスノーシュー遊びでした。
---------------------------------------
b0211028_23193498.jpg
b0211028_23194183.jpg

■ちょい悪おやじだぜっ!?って感じですか(失礼しました。。。)
 でも、このなんとも言えない色合いが大理石の石肌のようですね。
b0211028_2320193.jpg
b0211028_2320224.jpg


↓↓↓ 「東北六魂祭」の情報はコチラから ↓↓↓ 
6月1日(土)・2日(日)に福島市にて開催予定です。
さぁー福島県に行こう。 
http://www.rokkon.jp/
[PR]
by fftmk759 | 2013-03-25 23:05 | あらいぐまさん大人の休日

月歴について

NORIさんが月歴についての説明写真と解説を送信してくれました。
で、上段写真は、月暦二月の全体写真です。
西暦でいうと3月12日~4月9日にあたります(写真の右上に書いてあります)。
毎月「月の満ち欠け」が基準になっています。
例えば、この月暦でいう三日目の月がいわゆる一般的に言われている「三日月」っていうやつです。
さらに、十五日目の月の時を「十五夜」って呼んでます。
こんな風に、普段何気に使っている用語が、実は月暦が基準になっているのです。

下段写真は拡大写真です。
あくまで、メインは「月暦」で西暦は「サブ」です。
月の満ち欠けと密接な関係がある「満潮」と「干潮」の時刻も記されています。

釣りの計画にも使えそうと思ったのは私だけでしょうか。

Q:さて、このような内容を私にNORIさんがご教授頂いた目的は?
A:がんちゃんさんが畑仕事をしているので、季節の移り変わりや自然の成り行きを把握する
  のがとても重要だと思います。
  この月暦を使えば、例えば「もうすぐ温かくなるなあ」なんていうことも判るし、種まきや収
  穫の時期なんかもわかりやすいんじゃないかなあ、なんて思ったのです。
  実際、一昔前まではこの月暦を使って生活していたのですからねえ---。
  少しでも参考になればと思います。

NORIさん。そんな優しい気持ちで送信していただきありがとう。
新じゃが収穫したら、お礼に掘るから取りに来てね(爆笑)。
b0211028_2322875.jpg
b0211028_2325464.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-03-25 23:02 | 日々の生活