がんちゃんからの情報発信室


by fftmk759
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

子供達を引き連れて笠間のねぶた祭りに行ってきました。

前に見たのが数年前の記憶ですが、なんとなく違った雰囲気。
なんだろなと考えてみると、ねぶた隊列の先頭・最後尾は写真のように威厳のある青森本ねぶたが配列されているのですが、その間に配列する地元企業・学校・商店会・個人のねぶた数が以前に較べるとかなり減っている印象を受けました。
個人ねぶたで参加している方の話しを聞くと、ねぶたの制作には相当な手間と時間が掛かり、また雨風を凌ぐストックヤードが必要となるわけで、年1日のお祭りのために場所や時間を確保することが難しくなってきているようです。
地元企業のなかには、学校側にボランティアでのねぶた制作と祭りまでの格納をお願いする替わりに、ねぶたに協力した学校名を記載するなどの相互協力の体制をとる、または、単純な形になってしまうが制作の手間が減るキットを使ったりと、試行錯誤で進めています。
笠間というと、どうしても春の火祭や10月の笠間浪漫など陶器市が印象深いのですが、いろいろなお祭りが乱立するなかでどこに笠間市として力を入れていくかも考えないと、ストックヤード・ねぶた作り手などの問題も解決の糸口がみえてこないように感じました。

尚、写真の本ねぶたは、青森県ねぶた祭りが終了したら解体してしまうのはもったいないため、分解して各地に運搬~ストックヤードで組み立てられ「夏祭り」で再利用されます。
茨城では笠間・つくばのねぶた祭りで活躍しているそうです。

お祭りを継続していくってことは、私が参加しているサギ草鑑賞会もそうですが、大変なことですね。
b0211028_228114.jpg
b0211028_2282976.jpg
b0211028_2285024.jpg
b0211028_229641.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-08-17 22:09 | 地方巡礼
東京フィルハーモニー交響楽団メンバーによる最高音フルートと最低音コントラバス(高低)による素敵なトリオです。

【小笠原茅乃 コントラバス】
 東京藝術大学卒業、同大学大学院修士課程修了。
 コロラド州アスペン音楽祭に奨学金を得て参加。
 在学中より新星日本交響楽団に入団し、2001年東京フィルハーモニー交響楽団と合併。
 現在、副首席奏者を務めている。
 都立芸術高校にて後進の指導にあたる。

【森川道代 フルート】
 東京音楽大学付属高等学校、パリ国立高等音楽院卒業。
 第4回日本フルートコンベンションコンクールソロ部門第1位及び新潟市長賞受賞。
 1990年より東京フィルハーモニー交響楽団団員。
 2006年より同団副首席奏者を務める。
 これまでにフルートを、梅津正好,斉藤賀雄,故アラン・マリオン,レイモン・ギオーの各氏に師
 事。
 室内楽をクリスチャン・ラルデ氏に師事。

【遠藤柊一郎 コントラバス】
 玉川大学文学部卒業。
 1996年東京藝術大学卒業と同時に東京フィルハーモニー交響楽団に入団。
 これまでにコントラバスを本間園子,故江口朝彦,ツォルト・ティバイの各氏に師事。
 オーケストラの活動の他に、全国(銀座・小田原・奈良・倉敷など)のギャラリーやアートスペー
 スにて独奏会を度々行う。
 室内楽奏者としては、ピアニストの伊藤恵,花房晴美,フジコ・ヘミング各女史らと共演。
 仲間と結成したユニット[音楽のちから]では北は富良野、南は与論島まで、演奏会場に足を
 運ぶのが困難な方々へ音楽を届けている。
 玉川大学芸術学部非常勤講師。
[PR]
by fftmk759 | 2013-08-17 13:00 | いわき応援プロ
12日(月)は午後からいわき市久ノ浜で活動を続けている友人の山野辺孝(陶芸)くんと能登朝奈(ガラス)さんの共同工房を訪れて、最近の様子を伺ってきました。
いわき市の四倉ICを降り、山中に伸びる県道35号線を下ること約10分程度で工房に到着しますが、工房に折れる脇道がこの時期うっそうと茂った木々で目隠しとなり、大抵の訪問者は通り過ぎてしまうといった納得の隠れ家です。

b0211028_17274662.jpg

b0211028_1764865.jpg
b0211028_1771455.jpg
b0211028_1773522.jpg
b0211028_1775576.jpg
b0211028_178172.jpg
b0211028_1783248.jpg
b0211028_1785380.jpg
b0211028_1791354.jpg
b0211028_179297.jpg
b0211028_1794332.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-08-13 17:14 | 地方巡礼
7~8月のNW定例会は、月1回開催されるエコ・カレッジ(第2土曜日が多い)の開催日に重なることが多く、なかなか参加出来ずにいましたが、7月の2回目・今日と久々に連続での参加となりました。
といっても、今日は10時から明日のサギ草鑑賞会に向けた草刈&清掃の事前準備が成就院池であるため、定例会は千波湖1周ウォーク後のストレッチを飛ばして終了、自宅に戻り・作業服に着替えて成就院池へ向かうといったハードスケジュールとなりました。

千波湖はまだ8時前といった時間にもかかわらず、走り終えたランナー達の帰宅風景が目につきました。
流石にこの時期は熱中症対策も兼ねて、皆さんの動き出しも早いですね。
そういえば、私の住む大塚池も5時過ぎには既に散歩するウォーカーの姿が。。。
■お洒落な好文カフェを左に望みます。
b0211028_22531272.jpg

■好文カフェ2Fの屋上緑化部から黄門像と遠くに好文亭を望みます。
 うっそうと茂った濃い緑に好文亭が同化されています。
b0211028_22533336.jpg

■眼下にはK支部長門下生が「熱中症なにするものぞ!!」的なパワフルさでぞくぞくと集結し
 始めました(笑)。
b0211028_225349100.jpg

■今回の定例会はK支部長の師匠である「INWA公認ナショナルコーチ」が参加しました。
 現在は東京にお住まいのようですが、出身は内原町とのことで、常連さんの中に内原組が数
 名いることから地元ネタでとっても賑わっていました(どこどこの息子はどうしたとか。。。誰々
 はどうなったなど。。。笑)。
b0211028_22541187.jpg
b0211028_22542461.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-08-10 10:51 | ノルディックウォーキング
b0211028_23345663.jpg
b0211028_23372984.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-08-08 23:35 | 大塚成就院池のサギ草を育てる会
沢山、夏休みの課題が出ているようですが、2人とも自由研究をきっちりと進めているようです。

■長女は今年初めて自由研究デビューです。
食についてのテーマを考察するのですが、身近で・なかなか興味深い内容を選定したようです。
b0211028_2232103.jpg


■長男は小学校の時代も含めると今年で5回目の夏。
 コシヒカリの苗植え付けから始まり、今年は研究の期間としては最長となりました。
 稲穂もしっかりと立ち上がってきました(いつの間に...笑)。
 夏休みの最後になって(親に)迷惑を掛けないよう計画通りに進めてくださいね(笑)。
b0211028_22305533.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-08-05 22:32 | 日々の生活

今日の床の間。

飾り付ける花がないかわりに、畑から夏野菜の花を収穫してきたようです。
黄色の花は、ゴーヤかキュウリか小玉スイカか?
これ全てウリ科(=黄色の花)で良かったですよね。

■ちなみに、コチラはキュウリ
b0211028_22175854.jpg

■で、コチラは緑のカーテンに良く利用されているゴーヤです。
b0211028_22265528.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-08-05 22:21 | 奥さまの部屋

小名浜港1号埠頭の今

■震災直後の小名浜1号埠頭の様子です。
 津波の影響で水産関連の倉庫などが完全に破壊されてしまいました。
 特に1号埠頭の先端にあった古い倉庫は、さまざまな瓦礫や車が海水と一緒に入り込み、建
 物自体はあたかも空襲を受けた後のように骨組みが無残な姿を露呈していました。
 道路はアスファルト舗装が剥がされ、埠頭を作るときに埋立てたであろう砂が液状化現象で
 地表に噴出していました。
b0211028_2385883.jpg
b0211028_2310673.jpg
b0211028_1217669.jpg
b0211028_2311084.jpg

b0211028_12175393.jpg

■そして2年以上が経過した今。
 無残な倉庫の姿は寂しくも取り払われ、野更地となって辺り一面を見通す風景に変わっていま
 す。
 魚市場がこちらに移設してくるとの噂を聞きました...
 また、震災前には直売所と海鮮レストランで賑わっていた「さすいち」も交差点カドに場所を移
 動して、2年ぶりに再開する気配を見せています。
 アクアマリンやいわきララミュウなどの観光施設に湯本ICから繋ぐ幹線道路も急ピッチで片側
 2車線の4車線化工事が進んでいました。
 年間100万人以上が訪れる湯本IC近くの「スパリゾートハワイアンズ」を核としながら、他の観
 光資源にも観光客を巡回させる狙いのようですが、その戦略通りに人・金が復興を後押しして
 いくことを願ってやみません。
 20数年をいわきで暮らした私としては、復興は急ピッチで進んでもらいたいのですが、頭の片
 隅に残っている昭和の街並み・景色・思い出はいつまでも不変であるため、その面影を感じと
 れるものが少しでも残り、帰省した際には遥か遠くの思い出に浸りたいものです。
b0211028_2183997.jpg
b0211028_2185739.jpg
b0211028_219397.jpg
b0211028_2191287.jpg

■こののぼりはもしや「サンマ!?」(アクアマリン駐車場にて)
b0211028_21101036.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-08-02 21:09 | 東日本大震災(いわき市)
b0211028_20573256.jpg
b0211028_20575312.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-08-02 21:00 | 大塚成就院池のサギ草を育てる会
b0211028_2053205.jpg
b0211028_2054134.jpg
b0211028_205438100.jpg
b0211028_20551362.jpg
b0211028_20555392.jpg
b0211028_20561272.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2013-08-02 20:56 | 大塚成就院池のサギ草を育てる会