がんちゃんからの情報発信室


by fftmk759
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

b0211028_2122182.jpg
b0211028_2131438.jpg
b0211028_2132566.jpg
b0211028_2134777.jpg
b0211028_21359100.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-01-27 21:04 | 「NPO環~WA」里山環境保全活動
b0211028_20572562.jpg
b0211028_20573993.jpg
b0211028_20582765.jpg
b0211028_20585886.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-01-27 21:00 | 「NPO環~WA」里山環境保全活動

寒(*ToT)

b0211028_749424.jpg

今日も大塚池は、ほぼ 全面凍結。
家の裏は昨日は溶け切らなかったみたいです。
今朝、割って測ってみたら、13mmでした。
じぇ!じぇ!

by.あらいぐまさん
[PR]
by fftmk759 | 2014-01-17 07:49
イベント主宰者のあらいぐまさんbolgを転記します。
みんなで盛り上げていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あの東日本震災から3年が経過しようとしています。
2014年3月11日,第3回目の「キャンドルハート大塚池」。
ひとりひとりの”気持ち”をこめて,キャンドルの夜を創り出しましょう。
ただいま,準備中です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

がんちゃんの部屋も全面的にバックアップさせていただきます。
[PR]
by fftmk759 | 2014-01-15 08:29

各地の風景。

■質問.何かこの風景に違和感を感じませんか?
b0211028_2253537.jpg

■質問.何の野菜または果物を作っないるビニルハウスでしょうか?
b0211028_22535574.jpg

■よーく見るとビニルハウスの中に更にハウスの屋根が見えます。
冬の冷気・霜から植物を守るため、土中の地下水をくみ上げ、中のビニルハウスの上に敷設してある水道管から地下水を噴射します。地下水はこの寒い時期でも水温が15℃前後と気温よりはるかに高温なので、地下水の水温でハウスにバリアを張り、外気から植物を守るといった構造をとっています。
考えた人間の知恵ってホント凄いですね。
ちなみにこの灯りは、照明によって〇〇〇への日照時間を長くして・成長を促すために必要なんだそうです。
b0211028_2254720.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-01-14 22:54 | 日々の生活

羽鳥湖の坂道に惨敗。

子供達を伴い早朝4時に水戸を出発。
R118を走行し、順調に大子~棚倉~白河へ到達。
ただ、棚倉辺りからは昨晩の雪が凍結し、不気味に鏡面のような反射をしているためスピードを抑えて走行。外気温はマイナス4℃。
白河羽鳥レイクラインのレジーナの森入口を越えていよいよ最後の難関、ながーい登り坂。
と言いながらも、ここ数年は全くといっていいほど、何事もなくクリアしていたはずの坂道。

ところが、最初のペンション通りを抜けカーブを曲がりきった次の登り坂に数台の車が停車中。
「坂道でチェーンの着脱してるよ。困ったもんだ!」と追い越し、その数十m先。
急にFFの前輪が左右に滑り始め、それでもアクセルを踏むと「キューンキューン」といった空回りの音。
とっさに「やばい!!」と言葉に出ない緊張感が走る。
次の瞬間、アンチロックシステムが作動したのか何か判らないが、制御不能に陥り、車が坂道を滑り始めました。
「ウソーっ!!後ろに停車中の車いたよーっ」
慌ててブレーキを踏み込み、車体はお尻を振りながら何とか停車(後続車来てなくて良かった...ホントに)。
停まったといっても坂道で、後ろには停車中の車、助走もつけられないため、慎重に少しずつバックして助走距離を稼ぎ、再度滑った場所(凍結)の反対車線で比較的雪が積もっているレーンで再挑戦。
今度は上手く抜けるかと思った瞬間、やはりタイヤが空回り。
またまた制御不能で、今度は後ろに滑りながら頭が90度右旋回し、完全に坂道の狭い両車線を塞ぐ形で立ち往生。
「イヤーっ!!やっちゃったよ!大ヒンシュクじゃん!?」
長男を降ろし、反対車線から坂道を降りることにするから頭を谷側に押すよう頼み、何とか更に90度右旋回。
結果としては、狭くてUターンも出来ないような坂道を、見事180度旋回して、スキー場への道をあきらめ降りることが出来ました(この間車は1台しか登ってこなかったことも幸いしました)。良かった良かった。

さて、スキー場へは知り合いに連絡し、1時間遅れの乗合で出発。
子供からのブーイングを何とか阻止し、3時間休まずフルに滑走することで満足を頂きました(冷汗)。

気温が下がっている時間帯の雪道走行は非常に危険ですので、皆さんも早朝時間帯の雪道走行は避けるなど安全運転に心掛けてくださいね(説得力がない---トホホ)。
特に、羽鳥湖スキー場への早朝走行はお気を付けを。

b0211028_18561897.jpg
b0211028_18564153.jpg
b0211028_1857252.jpg

■帰りは白河市南湖公園近くにある「海(かい)」で美味しい白河ラーメンを堪能しました。
 体にやさしい味わいがいいですね(ワンタンチャーシューメン)。
 ホッ。
 南湖公園近傍には、ほかにも「火風鼎(かふうてい)」・「手打ち中華すずき」など、楽しみな
 お店が連なっていますね。
b0211028_18572255.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-01-13 18:57 | 日々の生活
エコ・カレッジ12月の講座のなかで、環境教育の学習プログラムを企画するといった内容を勉強しました。
企画のねらい(コンセプト)に対して、いつ・どこで・誰に・どんな方法で・予算規模はどうするか?といった枠組みを整理していく訳ですが、パッと思いついたのはゴミ問題。
次世代を担う子供達に資源の大切さを理解してもらう、また身近なところから発生するゴミ問題に関心を高めゴミの減量化などを考えるきっかけにするのが良いのでは?
でも...あれ?
そういえば、隔月で参加している子供会の廃品回収って。
まさにこれでしょ!!
私達の子供会では、朝8時ごろから軽トラ5台を使ってお父さん&子供のペアが各家庭の玄関先から新聞・雑誌・アルミ缶・ペットボトルなどを回収し、集積場所へ運搬→集積場所ではお母さん&子供が細かく分別・ペットボトルは潰して容積を減らすなどの処理→市の集積トラックへ積載して終了。
こんな感じの廃品回収を子供達も参加して実施しています。
小学生も中学年になるとゴミの問題を学習し、教科書などを見ると3Rの文字。
------------------------------------------------------------------------------
〇リデュース:
 詰め替え用のシャンプーを利用するなど、ゴミになるものを手に入れない(エコバックの活用)。
〇リユース:
 お下がりなどを転用することで、繰り返し使用してすぐゴミに出さない。
〇リサイクル:
 ペットボトルなどを原材料に戻して新しい製品に生まれ変わらせ、再利用する。
------------------------------------------------------------------------------
こんな学習の一部がこの活動によって体得できます。
また、このような活動によってゴミがお金に替わり、そのお金で子供会活動運営費の補充が出来たり、夏にはご褒美として「お楽しみTDLツアー」などの副産物が発生することを大人もしっかりと理解し、こういった活動を繋いでいくことが大切なのだと感じました。

■軽トラへの回収ゴミの積み方、ゴミ分別の方法、回収できるゴミ・できないゴミ、ゴミ減量化の方法など、子供達はたくさんのことをこういった活動から感じとっていきます。
b0211028_18584626.jpg

■9月8日(日)の廃品回収日は夏期ということもあってアルコールの類が凄いことに...
b0211028_18584780.jpg
b0211028_18594232.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-01-13 17:53
ノルディックウォーキングで大塚池を散策していると定位置にいました、カワセミが!?
くちばしは長く尖って、羽根の色が綺麗な青。
カメラマンがじわりじわり寄ってきても、気にすることなく、あたりを見廻しじっとしています。
私のスマホではこの写真が精一杯でした。トホホ。

■夕方近くになると係の方が餌箱にパンくず・野菜くずを投入にきます。
 その直後にはものすごい数のハクチョウ・水鳥達がわれさきに餌箱をつつきに集まります。
 邪魔物は口ばしで突いて追い出したり・首根っこを咥えてそとにうっちゃったりとなかなか面白
 い光景です。
 餌箱に乗っちゃっているカモ・水鳥は勇者ですね。そのうちハクチョウにおしおきされます(笑)。
 夕方の大塚池を夕日と共にお楽しみください。
b0211028_1915540.jpg
b0211028_19152315.jpg
b0211028_19154470.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-01-12 19:16 | 日々の生活
と言っても、それは超軽量のカモや水鳥のおはなし。

夜中の1時30分にOMソーラーディスプレイの気温表示を確認したところ、
【外気温】-3℃
【室温】14℃
だったので、朝方にはもう少し外気温が下がっていたでしょうね。
-4~-5℃位だったのかな?(あとで聞いたら6時の時点で-4℃だったとのこと。室温12℃)
さすがにこの気温では広ーい大塚池も凍りますね。

b0211028_11164489.jpg

■気温は低いですが、歩いていると晴れの日は太陽の恵みによって少しずつ体がホカホカして
 きます。
 コクチョウさんもひなたぼっこですか?
 体がクロで覆われているので熱の吸収も早いのかな...
b0211028_11165512.jpg

■数羽のカモが凍った氷の上に飛び乗りスケートを楽しんでいます。
 飛び乗った直後に勢い余って、2本の足でスゥーッと滑ってしまう姿がとても愛らしく、まるでス
 ケートをしているかのように滑稽な姿で、見ている方が微笑ましくなる今日の大塚池でした。 
b0211028_1117416.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-01-07 11:16 | 日々の生活
山深い豪雪地帯です。
この地域特有の3層住宅が立ち並んでいます。
現在の十日町は積雪量100cm程度と例年より少なめなようですが、平成19年冬は390cmあったとか。
確かに昔の写真では、除雪車が入ったあとの道路は切り通しの断崖絶壁といった雪壁の中をバスが走行していくといったイメージでしたが、温暖化等の影響もあって積雪量も年々減ってきているのでしょうか。

3層住宅のうち1階はコンクリート造りで、駐車場・小型除雪車などの格納場所となり、2・3階が住居部分となっている様子です。
屋根は勾配がきつめな金属製の切妻で、降雪があっても雪が容易に落下する構造、そして雪の重みが載ってくるため瓦等は使わずガルバ等の金属製としているのでしょう。
雪深い地域ですが、いろいろな工夫により雪と共存しています。
ただ、毎朝の雪かきは大変でしょうね。

b0211028_20283967.jpg
b0211028_20291353.jpg
b0211028_20293355.jpg

■スプリンクラーと呼ぶの(それは消火?)かな?
 地中の地下水を道路面に噴射し、融雪を行っています。
b0211028_17261194.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-01-06 20:30 | 地方巡礼