がんちゃんからの情報発信室


by fftmk759
カレンダー

<   2014年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今年も行ってきました初日の陶炎祭。
笠間駅前の知り合い宅駐車場に車を停めて、私はNW・子供達は歩きの約20分。
開場時間前の8時40分に到着しましたが、既に観光客・お客さまで陶芸ブースの前は人だかり、通路は人渋滞。夕方近くに雨の予報が出ていたせいか、はたまたGWの前半休みは今日だけのため近場で済ませようと考えた人が多かったせいか、とにかく朝もはよから凄い人出となっていました。
b0211028_22371131.jpg

■私の目的の陶芸家は、筒井さん・橋口さん・古川さんと決まっているので、子供達の機嫌を損
 なわない程度にそのお三方ブースを拝見しそそくさと一巡。今回は1枚1,000円の特価販売
 をしていた筒井さん平皿をゲットし、あっという間に工芸の丘から退散しました。
 今日から5月5日(月)までの9:00~17:00、笠間芸術の森公園イベント広場にて開催中。
b0211028_22383788.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-04-29 22:37 | アート
ただ、大塚成就院池公園のサギ草に較べてしまうとかなり小さな感じ。
球根もとても小さかったので致しかたないのかな...
b0211028_22233039.jpg

■ピートモス&化成肥料を根の部分の土に混入することで成長著しいブルーベリーを見ていた
 ら、土の中から何かが沢山出ている...と思ったらミョウガ達(笑)でした。
b0211028_10334814.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-04-29 22:29 | 大塚成就院池のサギ草を育てる会
先日の水芭蕉開花以来の大塚成就院池となります。
ちょっと一息ついていると、いつの間にやら池の景色が変わっていきます。
今日も木道を歩きはじめようとするといきなり、「あーっ!?ショウブ?アヤメ?が咲いている!!」
まだ開花状況としてはぽつぽつといった感じですが、湿地帯一面から葉が延びていますので、GW後半辺りには青紫の花びら一色となるのではないでしょうか。
とても控えめで、透明感のある澄んだ色をした〇〇ですが、〇〇の名前が判りません。
思いつくところでは、ショウブ・アヤメ・アイリス・カキツバタといったところですが...
b0211028_18565131.jpg

■正解はネットで調べたところによると【カキツバタ】でした。
 開花時期:5月、花びらは付け根にはっきりとした白い模様があるとなっていますので、間違い
 ないでしょう。
 ちなみに、ショウブ:花びらのある付け根に真っ黄色の筋が入っている。
 アヤメ:アヤメ模様といって、花びらの付け根に白い筋がたくさん入っている。
 アイリス:花びらの付け根に細かいヒゲが生えている。主に青い花びらに対して黄色が多い。
b0211028_192157.jpg

■さて、寄り道してしまいましたが、いよいよ昨秋にゲンジボタル幼虫を放流した水路にきまし
 た。左側に見える水芭蕉はすっかり開花も終わってジャンボ化しています。
 今日の作業は、ホタルの幼虫がサナギになるために登ってくる畔を昨年作ったのですが、
 土の中に入り易いよう表面の草取りをすることです。
b0211028_1922932.jpg

■既に〇坂ホタル部長が他の4個所は綺麗に実施済みでしたので、私は申し訳ない気持ちで
 1個所のみ行いました(笑)。そして何より作業前の写真を撮ることを忘れてしまいました。
b0211028_1924327.jpg

■綺麗に苔で覆われていた表面ですが、この位表土を漉き取れば、ホタル幼虫が入り易くなる
 のでしょうかね-っ。
b0211028_1925349.jpg

■ホタル幼虫が餌にしているカワニナ達です。鉄色をした石の上に複数匹巻貝のようなものが
 付着していますね。これがカワニナ君です。
 上流側から湧水があるためか、畔を作って流域を狭くしたせいか、水の流れが良く小川のせ
 せらぎのようです。水の音にも癒されますね。
b0211028_19311240.jpg

■最後に、自生地の様子を確認してきました。やはり自宅と同じように、ひっそりとサギ草が成
 長していました。1cm以上の背丈はあるでしょうか。そしてしっかりとした横幅です(笑)。
b0211028_1931071.jpg

■掻き分けて目を凝らさないと確認出来ませんが、続々と地上にお目見えしています。
b0211028_1931923.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-04-29 19:00 | 大塚成就院池のサギ草を育てる会
b0211028_22154965.jpg
b0211028_2216372.jpg
b0211028_22172255.jpg
b0211028_22175115.jpg
b0211028_2218731.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-04-28 22:18 | 「NPO環~WA」里山環境保全活動
b0211028_227221.jpg
b0211028_2275711.jpg
b0211028_22934100.jpg
b0211028_2295937.jpg
b0211028_22104189.jpg
b0211028_22105548.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-04-28 22:11 | 「NPO環~WA」里山環境保全活動
b0211028_2213266.jpg
b0211028_2213438.jpg
b0211028_22142341.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-04-28 22:09 | 「NPO環~WA」里山環境保全活動
午前中はTOTOウォシュレットテクノさんが、この活動の主旨を理解して、更なる社員さん含めた参加者を募るための里山フィールド全体を含めた案内から始まりました。さすがに、春本番といった感じで、歩き始めるとさまざまな木々や野草の花をいたるところに発見することが出来ます。
b0211028_21373039.jpg

■ウワミズザクラの綿帽子のようにフワフワと可愛らしい、反面毛虫を連想してしまう花ですね。
 【ウワミズザクラは、バラ科ウワミズザクラ属の落葉高木】
 和名は、古代の亀卜で溝を彫った板に使われた事に由来する。
 分布:北海道西南と本州、四国、九州の山野に自生し、日照と小川沿いなど湿潤した環境を好
 む。 樹高:約10~15m。
b0211028_21444717.jpg

b0211028_2145359.jpg
b0211028_21452063.jpg

b0211028_21465049.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-04-28 21:45 | 「NPO環~WA」里山環境保全活動
昨年12月より参加しているNPO環〜WAの里山環境保全活動ですが、いよいよ新年度ということで、平澤代表発信による新たな企画がスタートしました。
里山と一言でいっても、そこにはひとつも欠けてはならない様々な環境資源が存在します。
その中でもWAのフィールド近くに位置する涸沼(ひぬま)・その上流から流れ込む大小様々な河川、河川から水路を介して米や穀物を作る田畑へ、また浄化されて家庭や工業用水といったように私達の生活に欠かすことの出来ない資源「水」をテーマに、TOTO水環境基金助成プロジェクトを活用した年間プログラムをスタートさせることになりました。
第一回目の今日はキックオフイベントとしてサブタイトル名「水と恵みの勉強会」と題し、多くのお客さまを迎えることになりました。
私たち○○○○チームは、エコカレッジからの流れで○○さん・前回から参加している○○さん・登山部発起人の○○さん、娘・奥さまの6人で参加です。
ただ今回は、参加するといったお客さま的な立場ではなく、50名を迎えるスタッフとして、受付・駐車場係・山の料理人ニッシーのサポート等に注力させていただきました。
でも、本当に今回の参加者は多かったですなー。
TOTO水環境基金のTOTO側幹事箇所が、桜川市にあるTOTOウォシュレットテクノ茨城工場ということもあって、工場長・社員さん含め20数名の大所帯が参加されました。
b0211028_20414056.jpg

b0211028_20423339.jpg
b0211028_2044431.jpg


【プロジェクト概要】
TOTO水環境基金助成プロジェクト(NPO環~WA編)
自然に還る いのちの循環プロジェクト  ~涸沼(ひぬま)のラムサール条約登録を目指して~
--------------------------------------------------------------------------------------------
河川や田んぼの水質調査、涸沼に流れ込む寛政川流域沿いの森林保全、森の畑での耕作、涸沼の伝統まつり「あんばまつり」への協力、または被災地でのイベントなどを行います。
この事業は、私たちのくらしが、自然循環と自然の恵みなどの生態系サービスに支えられていることを、年間を通じた里山での保全活動を通して気づき、参加者自らのライフスタイルを見直し、自然と共にある暮らしの素晴らしさを新たな目でみつめ、汗をかき、楽しみ、里の恵みを堪能しながら、年間を通じて里山保全活動を実施するプロジェクトです。
--------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by fftmk759 | 2014-04-27 11:03 | 「NPO環~WA」里山環境保全活動
香りヨシ!澄んだ苦みヨシ!しっかりとした甘みヨシ!と
3拍子揃った水出しコーヒーが出来上がりました。
b0211028_21161868.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-04-25 21:17 | 日々の生活
内原ジャスコのTULLY's COFFEE前をブラブラ歩いていたところ、試飲と共に「これからの季節水出しコーヒーがお勧めです!」とアプローチされ、気がついたら購入していたコーヒーセット(笑)。
豆の量が1㍑の水に対し80gでしたので(袋の内容量200gの約1/3)、挽き続けること30分強。
美味しいものを得るには苦労が必要。
でも家の中は30分間、ガリガリガリガリ.......
(次回から、水出し用の豆はお店で挽いてもらわなくちゃダメ!!けんしょう炎になる)

さて、8時間後の明日朝出来上がりですが、上手く水出しコーヒーが出来上がるでしょうか?
こう、ご期待。
b0211028_23582298.jpg
 
■水出し用のコーヒー豆が販売されています。深煎りということ、そして少し粗目に挽くことを勧め
 られました。
 普段は苦みを出すため細かく挽くのですが、ストレーナーの網目から挽いた豆が出てきてしま
 う恐れがあるため、粗目をお勧めしているとのことでした。
b0211028_235831100.jpg
b0211028_23584274.jpg

[PR]
by fftmk759 | 2014-04-24 23:59 | 日々の生活